2016年2月16日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (27) 「日本最東の料金所」

 


池田町利別にやってきました。「ワイン城」で有名な池田駅周辺に向かうには直進ですが、国道 242 号自体は利別川の西側を北上するのでここで左折です。


ということで左折して本別、そして足寄に向かいます。土曜日ですし、これだけ天気がいいと除雪も捗るのでしょうね。雪捨て場に雪を運ぶダンプカーの姿が目立ちます。


そして、これだけの好天にもかかわらず、道東道は「凍結 50 キロ規制」とのこと。実際にはもっと速度を出している車が多いのでしょうけど。


それにしても……うっとりするような好天です。幸運に恵まれたことに感謝しないといけませんね。



「フソベ山」じゃないよ

これは利別駅北側の「フンベ山」でしょうか(違っていたらすいません)。別のカメラで撮影したものですが、これまた空の色が深くていいですよね。ちらっと航空写真で見た限りでは、この山の麓に軍用の専用線(鉄道)があったみたいです。「軍用」と言うくらいですから戦中の話です。もう 70 年以上前の話になりますね。



日本最東の料金所

道東道の池田 IC が見えてきました。確か、日本最東の料金所があるところでしたね。


この池田 IC は日本最東の本線料金所がある関係で、西行きと東行きで入口ブースが違うんでしたね(そういや、うちの近所にも同じような構造の IC がありました)。間違える車がかなり多いのか、かなりしっかりと告知がなされていました。



野原のあいだ

池田 IC のあるあたりは「信取」という地名です。これも実は立派なアイヌ語由来の地名なんですよね。


国道 242 号は大きくバンクして右に曲がってゆきます。利別川にかかる「高島橋」を渡って、ここからは旧・国鉄池北線沿いに本別に向かいます。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク