2016年3月24日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

札沼線と急行「はまなす」の旅 (3) 「スーパー北斗 7 号で」

 


函館駅 12:29 発の「スーパー北斗 7 号」で札幌に向かいます。


「そのうち無くなる」とわかっていると、つい色々とカメラに収めてしまいますね。


「北斗星」カラーの DD51 の姿も。あ、これは事実上の「はまなす」カラーでもありましたね。



とりあえず函新を(何故だ)

まだお昼ごはんを頂いていないのですが、ホームの「駅そばみかど JR 函館店」には「休店のお知らせ」の文字が。


そうかと思えば、こんな掲示も出ていたり。世知辛い世の中ですね……。


仕方がないので、とりあえず函新だけ買って……(なんでだ


……車内に向かいましょう。今回は(今回も?)緑色のマークのついた車両にしてみました。



JR 北海道のいいところ

このタイプの車両はシートが 1 列 + 2 列に並んでいるのですが、車両の前寄りは海側が 2 列で、後ろ寄りは山側が 2 列です。


右側(海側)が 1 列シートということは、ここは車両の後ろ寄りということになるのですが、実は……


今回のシートはちょうど 1 列 + 2 列と 2 列 + 1 列が入れ替わるところ(の真後ろ)でした。いや、別にだからどうだという話では無いのですけどね。

グリーン車は確かにそこそこ割高なんですが、シートはゆったりしているし、アテンダントのお姉さんも色々とサービスしてくださる(実はこれが結構貴重なんです)ので、お値段分の価値はじゅーぶんあると思います。何かと批判の的になる(袋叩きされている?)JR 北海道ですが、スーパー北斗とスーパーおおぞらのグリーン車のハイクオリティぶりは国内トップクラスだと思いますですよ、はい。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク