2016年4月16日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アイヌ語地名の傾向と対策 (333) 「咲梅川・ニタラチ川・モモカリ川」

 


やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

咲梅川(さくばい──)

三石川上のあたりで鳧舞川と合流する西支流の名前です。えりも町にも同名の川がありますね。東蝦夷日誌にも「サクバイ(左川)」とあるので、昔からの音がそのまま伝わっていると考えられそうです。「三石川上」(川上)という集落の名前も、かつては「咲梅」だったようですね。いい字だったのに勿体無い……。

永田地名解には、次のように記されていました。

Sakpai  サㇰパイ  夏場所
(永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会 p.268 より引用)

ふーむ。確かに sak は「夏」という意味がありますが、「夏場所」というのはどうにも意味がよくわかりません。大相撲でしょうか(それは違いますね)。

戊午日誌「東部計理麻布誌」には次のように記されていました。

出立して山間まゝ上り行候や
     サクバイ
左りの方小川。其名義は此川鱒多きによつて号るとかや。当川すじ鱒の事をサクバイと云よし。魚類鱒・いとう・鯇、尤も雑喉多しとかや。
(松浦武四郎・著 秋葉実・解読「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.501 より引用)

「鱒の事をサクバイと云よし」というのも「???」なのですが、頭注にフォローがありました。

サクパイ
sak 夏の
ipe 魚
(松浦武四郎・著 秋葉実・解読「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.501 より引用)

あー、なるほどね。sak-hay だと「夏・イラクサ」にしかならないなぁと思っていたのですが、sak-ipe の音韻転換だったんでしょうか。あるいは sak-ipe-o-i あたりかな、と思ったりもしてきました。sak-ipe-o-i であれば「夏・魚・多くいる・ところ」となりますね。

ちなみに、えりもの「咲梅川」のほうは、更科源蔵さんの説によれば sak-paye で「夏・行く」ではないかとのことです。

ニタラチ川

「たらちねの」と言えば「母」ですが、ニタラチ川は鳧舞川の東支流です。

では、今回も安定の永田地名解を見てみましょう。

Nitara  ニタラ  ?
(永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会 p.267 より引用)

ありがとうございました(お約束)。

気を取り直して。戊午日誌「東部計理麻布誌」には次のように記載がありました。

またしばし過て
     ニタラ
右の方小川。其名義は鹿の肉を草の様成ものにて背負しことを云よし也。魚類いとうに鯇多しと。
(松浦武四郎・著 秋葉実・解読「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.502 より引用)

「其名義は鹿の肉を草の様成ものにて背負しことを云よし也」とありますが、えーっと……。tar は複数のファイルをアーカイブ……じゃなくて「背負い縄」という意味があるのだそうです。ただ、「鹿の肉」をどう解釈したものか良くわかりませんね。

頭注には次のようにありました。

道庁20万図はニタラツチ
ni  木
taor 高い処
rati 下る

nita 流木
rati 下る

ni  歯を
tar  むき出す
(松浦武四郎・著 秋葉実・解読「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.502 より引用)

いろいろと試案?が記されていますが、素直に nitat-rat-i と考えられないでしょうか? これだと「湿地・下がる・もの」となります。あるいは nitay-rat-i だと「林・下がる・もの」となりそうですね。

モモカリ川

鳧舞川上流部、西支流の名前です。では早速「北海道地名誌」を見てみましょう。

 モモカリ沢 鳧舞川上流の右沢。アイヌ語「モムカリ」の訛であれば, つまってまがるの意。
(NHK 北海道本部・編「北海道地名誌」北海教育評論社 p.572 より引用)

ふむ。mo-mu-kari と解したのでしょうか。これだと「静か・塞がっている・回る」と考えられそうなのですが、やや意味不明な感じもしますね。

戊午日誌「東部計理麻布誌」には次のような記載がありました。

またしばし過て
     モムカラ
左りの方山の間の沢也。其名義は雨後は口が開き、晴れば閉るにより、依て号るよし。魚類はいとうに鯇の二種有るよし也。
(松浦武四郎・著 秋葉実・解読「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.503 より引用)

あーなるほど。頭注には mom-kar で「流れ・巻く」とあります。伝統と信用の永田地名解にも次のようにありました。

Mom karip  モㇺ カリㇷ゚  渦川 直譯流輪
(永田方正「北海道蝦夷語地名解」国書刊行会 p.268 より引用)

うんうん。更に地名っぽい感じになってきました。mom-kari-p で「流れ・回る・もの」と考えて良いのではないでしょうか。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事