2016年6月2日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新十津川→京都 1568.9 km (24) 「新潟(1,016.0 km 地点)」

 


新十津川から新潟までの 1,016.0 km を、17 時間 36 分かけて移動してきました。

5434D 新十津川 19:22 → 石狩当別 20:53
642M 石狩当別 21:13 → 札幌 21:53
202 札幌 22:00 → 青森 5:39 5:45(急行「はまなす」)
2042M 青森 5:43 5:50 → 秋田 8:22 8:33(特急「つがる 2 号」)
2008M 秋田 9:16 → 新潟 12:57 12:58(特急「いなほ 8 号」)

そして、新潟から上越妙高までは特急「しらゆき 6 号」に乗車します。発車まであと 40 分ほどありますので、お昼ごはんを頂くことにしましょう。

3016M 新潟 13:38 → 上越妙高 15:37(特急「しらゆき 6 号」)

「うどんや」さんで「牛タン」を食す

次の「しらゆき 6 号」の発車までは 40 分あるのですが、ちょいと言い方を変えると僅か 40 分しかありません。下手に街中に繰り出してしまうと時間が無くなってしまうので、駅ビルの「CoCoLo 万代」でお店を探すことにしました。

で、見つけたのが「うどんや」というお店でした。ん、そういえば朝食も秋田駅ビルでうどんだったような……? ということで、


何故かどーんと牛タンを頂くことに。新潟駅ビル B1F の「うどんや」さんで仙台名物の「牛タン」を頂くという、なんともよくわからないことになったのでした(自分で選んだのですけどね)。



大絶賛閉鎖中

牛タン定食を 10 分ほどで平らげて(汗)、ささっと駅構内に戻ることにしました。実は、CoCoLo 万代の地下 1 階(「うどんや」さんがあるフロアです)には改札があって、直接新潟駅の地下通路に入ることができます。

改札に入った後で、まわれ右して撮影した写真がこちらです。


さて、「しらゆき 6 号」は 8 番線から発車するとのことなので、8 番線に向かって歩き始めたのですが……。


え(汗)。地下道は 2 番線・3 番線までしか行けないようです。「4 番線へは東こ線橋←をご利用ください」とあります。8 番線に行きたいのに、なんとも前途多難ですね……。



まだ見ぬ 8 番線を探して

どうやら、新潟駅は現在絶賛高架化工事中のようで、そのせいで 3 番線と 4 番線の間の地下道を閉鎖してしまったようでした。仕方がないので、一旦 3 番線に上ることにしましょう。

4 番線には国鉄タイプの普通電車が止まっていました。そしてホームの後ろでは高架線の工事が行われていました。この工事を行うために地下道を閉鎖してしまったのですね。


一方、1 番線にはなかなか今風の電車が止まっていました。どうやら白新線の豊栄行きのようですね。



灯台下暗し……?

そして、ここで重大な問題が。地下道が閉鎖されてしまっていたので「東こ線橋」に回ったのですが、跨線橋に登って右の方を見ても新幹線のりばしか無さそうなのです。えっ、どゆこと……?

……と思ったのですが、ふと左側を見てみると……


なんと 8 番線と 9 番線は 1 番線の続きにあったのでした。1 番線ホームが東に延伸されていて、100~120 m ほど移動した先に 8 番線と 9 番線があったのですね。

つまり、地下の改札口から 3 番線ホームに上がったのは完全な遠回りだったということになります。


うっわ凄い構造だな……と思ったのですが、どうやら在来線の高架化工事の関係で 5~7 番線を閉鎖せざるを得なくなったので、その穴埋め用に仮設乗り場を設けた、という話のようです。これはほぼ 1 年前の話なので、そろそろ工事も終盤に差し掛かっている頃でしょうか……?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク