2016年6月9日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すずらん」二度目のジュニアスイート(車両甲板編)

 


新日本海フェリー「すずらん」乗船記、今日は車両甲板への乗船の話題です。

乗船開始

夏休みの北海道と言えばツーリングの季節ですが、9 月の後半になっても去りゆく夏を惜しむかの如く、結構な数のバイクのお客さんが乗船を待っていました。


23:30 頃にバイクの乗船が始まり、およそ 10 分後に乗用車の乗船も始まりました。ゴールデンウィークやお盆あたりの多客期の場合は、早めに到着するとフェリーの一番下の「1 甲板」に誘導されることが多いのですが、この日はふつーに「3 甲板」に誘導されました。



あれっ?

スロープを登っていくと、右に曲がって前のほうに進んでいく……と思ったのですが、あれれ?


車両甲板の後ろのほうに、別室のようなところがあるのですが、どうやらそっちに誘導されるようです。


「3 甲板」は割と広いので、一番右側を通って前のほうに向かい、左に 180 度回って車を停める(前進入庫)が基本なのですが、ここは U ターン用のスペースが無いので後進入庫となります。


かなり天井が低いので、2 輪車と乗用車しか入らない区画なのかな……と思ったのですが、上の屋根が可動式なのかも知れません。屋根が下がった状態だと上の階(中 3 甲板?)に乗用車が駐車可能で、屋根が上がった状態だと屋根の下にトラックが駐車できるとか、そういう構造なのかも知れませんね。

まずはエレベーターを目指して

今回の駐車場所は 3 甲板の船尾部……ということで、客室に向かうエレベーターまでは少々距離があります。


「徐行」と書かれている 4 番レーンの向こうの方にエレベーターが見えますね(笑)。3 甲板は今のところガラガラですが、これから沢山のトラックが入ってくる筈です。


ホテルのフロントに相当する「案内所」は 4 甲板にあります。エレベーター、あるいは階段で 4 甲板にあがることにしましょう。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事