2016年7月15日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (15) 「なぜニセコに真狩が?」

 


倶知安から、国道 5 号で長万部に向かいます。「倶知安」と「長万部」はどちらも北海道らしい地名の典型ですよね。


倶知安町内の国道 5 号は片側 2 車線でしたが、やがて車線が減少して……


「倶知安橋」で尻別川を渡ります。そのまま南南西に向かって走り続けること 5~6 分で……


ニセコ町に入ります。カントリーサインもスキーヤーなのがさすがですね。このまま手前に内傾して左ターンに入る直前……でしょうか?(細かい

加瞬別橋

細かい……と言えば、ニセコ町の道の駅にほど近いところで、こんな橋を見かけました。


「加瞬別橋」とあります。川の名前は「カシュンベツ川」のようなのですが、これも「漢字にしたけど普及しなかったよ」系だったりするのでしょうか。「カシュンベツ」という川の名前自体は良くあるもので、kas-un-pet で「仮小屋・ある・川」だろうなぁ、と思われますが。ん、今日はまだ金曜日だったか(汗)。

リゾートど真ん中

「加瞬別橋」を渡ったところに「道の駅 ニセコビュープラザ」がありました……が、今回は(今回も?)スルーで。


そして、道の駅のちょいと先の交叉点にやってきたのですが……


生憎のピンボケ写真で恐縮ですが、右がニセコで左がルスツという、リゾートど真ん中な感じの交叉点でした。……いや、単にそれだけなんですけどね(汗)。



なぜニセコに真狩が?

続いては、「真狩橋」を渡ります。


なぜニセコに「真狩」が? ……などと思ったりもしたのですが、実はこの「真狩橋」は真狩川に架かっているのですね。真狩村は羊蹄山の真南に位置するので、なんとなく太平洋側の印象があるのですが、実は真狩川は日本海に注ぐ尻別川の支流だったのでした。改めて考えてみればそれほど不思議な事では無いのですが、ちょっと虚を突かれた感じがしました。

危険予知クイズ

では最後にクイズをひとつ。この写真から読み取れる「危険」を予知してみてください。


答えは……また来週!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事