2016年8月26日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (39) 「奥尻に上陸!」

 


瀬棚からハートランドフェリー「アヴローラおくしり」に乗って、奥尻島にやってきました。ついに車両甲板から奥尻島に降り立ちます!(ただし車で)


ピントがボケちゃってますが、ENEOS のガソリンスタンドが見えます。港にガソリンスタンドがあるのは離島での決まり事のようなものですよね。



カントリーサイン

道道 39 号線「奥尻島線」との交叉点にやってきました。


奥尻島は全域が「奥尻町」に含まれます。従って陸地には町境が存在しないのですが、ちゃんとカントリーサインが用意されています(確か礼文島もそうでしたよね)。


「← 想い出」も気になるところですが、石油タンクを横目に奥尻の中心地に向かいます。



奥尻町の中心地、奥尻

信号に引っかかってしまいました。島によっては信号機が一つしか無いようなところもありますが、奥尻はふつーに信号もあるようですね。奥尻の大きさがピンと来ない方も多いかと思いますが、利尻より小さく、礼文よりは大きいと言ったところです。



謎の道道 1039 号線

「道道 1039 奥尻島線」と書かれていますが……あれれ?


道道 1039 号は「霧多布岬線」という情報もあるのですが、これは何かの間違い……でしょうか?



結構いろいろある……

奥尻港には ENEOS のガソリンスタンドがありましたが、奥尻集落の南側には出光もあるようです。奥尻島、結構いろいろあるな……という印象ですね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク