2016年9月16日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (54) 「航空自衛隊専用道路」

 


晴れていたなら結構な景色が堪能できたであろう(想像)球島山を後にして、奥尻島ドライブに戻ります。坂を下って……


再び、道道 39 号「奥尻島線」との交叉点まで戻ってきました。右に曲がると砂利道に戻ってしまうので、ここは左折して最後の未走破区間に入ります。


最初はセンターラインの見えない少々狭い道でしたが、尾根の上に登り切ったあたりで周りの風景が広がるとともに、道路も直線の多い 2 車線道路になりました。やがて前方に T 字路が見えてきました。道道 39 号は T 字路を右折です。


そして、この交叉点までやってきたことで、ようやく(ついに?)道道 39 号「奥尻島線」を完走したことになります。道道 39 号の路線延長は 65.0 km とのことですから、その気になれば 2 時間ちょいで走破できそうな距離ではあるんですけどね。

航空自衛隊専用道路

三叉路を左折すると、再びセイコーマートに戻ってしまう(前日に通りました)ので、右折して、西海岸の幌内を目指すことにしましたが……


600 m ほど走ったところで、「← 航空自衛隊 6 km」という青看板を発見。もちろんまだ走ったことの無い道です。これは行くしかありませんよね!

神威山の航空自衛隊基地に向かう道は、いかにも北海道風の、多少の高低差を無視した真っ直ぐな道でした。


「航空自衛隊」までは 6 km とのことでしたが、1.5 km ほど走ったところで……


舗装が無くなって砂利道に。ただ、舗装工事の案内があったので、古い舗装を剥がしていただけなのかもしれません。それはともかく、もっと重大な案内がありました。


あー……。「これより先 航空自衛隊専用道路」とあり、「この道路に立入る場合は基地司令の許可が必要です。」と記されています。一介の素人……いや、一般人が入っていいのはどうやらここまでのようでした。うーん、残念!

このあたりは非常にランドマーク(地名含む)が乏しいところで、写真も良くわからないものが多いので、ルートマップを用意しました。道道 39 号線が内陸寄りを通っているところを走破した形となりますね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事