2016年11月17日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (86) 「どこへ行くのも 500 km」

 


「函館大沼プリンスホテル」をチェックアウトしました。キャリーバッグ片手に駐車場に向かいます。


木立の向こうに駐車場が見えます。よーく見るといつもの車が停まっているのも見えるんですよね。


えっ、見えませんか? ほら、拡大すると……


……(汗)。直感と連想能力への挑戦は大切です。

駐車場へ行くのも

というわけで(どういうわけだ)、キャリーバッグをゴロゴロと転がしながらテクテクと歩きます。


ようやく駐車場に到着しました。さて、車はどこかな……?


ありましたね。この書きっぷりだとホテルを出てから駐車場につくまでに 5 分ほど歩く羽目になったように感じられるかもしれませんが、ご安心下さい。たった 3 分しか歩いてません!



見慣れないお客さん

駐車場についたので、もうキャリーバッグは用無しです。さっそくトランクの中へ……と思ったら、何やら見慣れないお客さんを発見。


なんだかナメクジのようにも見えますが、もしかしたらカタツムリの子どもとかでしょうかね? トランクゲートの上の方にひっついていました。


改めて車をよーく見てみると、あちこちに水滴がついています。そういや路面もびみょうに濡れてましたし、夜の間に軽く一雨あったようですね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク