2016年12月28日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (113) 「円空上人滞洞跡」

 


乙部町豊浜から、更に北上して八雲町熊石に向かいます。前方にトンネルが見えてきましたが……あれ、二つある!?


左側に見えた、いかにもクラシックな感じのするトンネルは旧道のようで、現在は通行止めのようでした。ということで「豊浜トンネル」に入ります。

昨日の記事でも触れましたが、このトンネルは 1996 年に大規模な崩落事故があった「豊浜トンネル」とは異なります。



八雲町熊石

長さ 1,270 m のトンネルをぴゃーっと抜けると……


八雲町熊石に入ります。いやいや、引き続き良い天気ですね。2010 年にやってきた時は、国道を始めとする主要道が軒並み通行止めになるという憂き目に合っているのですが、エライ違いですね……。


ここは現在は八雲町ですが、かつての熊石町です。ということで、地名の大半が「熊石」を冠しています。


「熊石折戸町」から「熊石相沼町」「熊石館平町」「熊石泊川町」「熊石黒岩町」のあたりまでは、道路沿いにほぼ途切れること無く建物が続きます。確か羅臼にもこんな感じのところがありましたよね。



円空上人滞洞跡

「熊石黒岩町」を過ぎたあたりで、ようやく町外れに出たのですが、そこでいきなり視界に飛び込んできたものがこちら。


まさか、こんなところで「円空上人」の名前を見ることになろうとは。ちなみに道路右側の石碑?が記念碑なんでしょうか。



怒涛の連続「熊石○○町」

熊石黒岩町まではずーっと左右に建物があったのに、今度は一変、左右に全く建物が見られなくなりました。ただ、正面のずーっと先には「熊石鮎川町」の集落が見えますし、ちょっと見えづらいですが左手奥には漁港と旧・熊石町の中心街が……。


熊石は、とにかく海沿いに集落が続く……という印象があるのですが、海沿いの「熊石○○町」という集落はなんと 14 もあるんですよね。

ちなみに「熊石○○町」という集落は、八雲町内に 15 しかありません。唯一海に面していないのが「熊石大谷町」です。

人の住まないこのあたり

熊石の海岸線で一番人の気配がしないのがこのあたりなのですが……


それもその筈? 人住内川(ひとずみない──?)という川が流れていましたとさ♪

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事