2017年1月26日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (61) 「この絵はどこかで見た絵」

 


氷結した網走湖の東側を北上していましたが、突き当りの T 字路を左折して、国道 238 号を西に向かいます。


今度は網走湖の北側を走ることになります。常呂まで 28 km、紋別まで 105 km、そして国道 238 号の終点・稚内までは 322 km です。


そして、「オホーツク国道」と言えば案内標識の裏側が見ものですが……


あれっ? 全く同じ文章を 1/3 の記事でも書いていましたね。そう、写真のトリミングも似たような感じですし……


もちろん、案内標識の裏側も同じという訳です。そりゃあどこかで見たことがある筈ですよね。



路面が黒いからと言って

国道 238 号も、国道 39 号と同じく網走湖畔を走るわけですが、路面が天都山の陰に隠れていた国道 39 号とは異なり、既に日の差し込む状態になっていた国道 238 号は、車線の右半分が既に黒くなっていました。もちろんブラックアイスバーンである可能性もあるので、油断は禁物なわけですが。


そんなわけで、道路情報表示版も……


ですよね。この「路面状態に合わせて安全運転を」の 14 文字を忘れることなく、安全運転に努めたいところです。

まずは常呂へ

国鉄湧網線跡の自転車道の下をくぐって……


まずは(前日にも行った筈の)常呂を目指します。


今更ながらではありますが、Day 4 のルートをお目にかけます。


カーナビでは「471 km」で Google Map は「467 km」ですから、まぁ、ほぼ同じルートを検索できたのかなと思います。久々の 450 km 超えでもあるので、いつも以上に気をつけないといけませんね……。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク