2017年2月2日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (65) 「サロマ湖沿いの絶景ポイント」

 


国道 238 号「オホーツク国道」を、路面状態に合わせた安全運転で紋別に向かいます。そう言えば、昔「オホーツクに消ゆ」というアドベンチャーゲームがありましたよね。



絶景ポイントその 1

キムアネップ岬の近くを通り過ぎると、国道はサロマ湖沿いの絶景ポイントその 1 に差し掛かります。


右手の白い野原のように見える部分が、流氷に覆われたサロマ湖です。今頃気づいたんですが、そういやサロマ湖にも流氷が入ってくるんですね。

今日も看これ

さて、国道 238 号と言えばアイコン付きの距離案内板が嬉しいのですが……


場所によってはこんなクラシックなものも。これはキムアネップ岬の手前だったですかね。これはこれでなかなか味わいがあります。



お約束

道の駅「サロマ湖」を過ぎると「富武士」(とっぷし)です。


いつ見ても "Synchronized Love" を聞きたくなる地名ですよね。

擬態?

富武士の集落を抜けて、更に西に向かいます。


ところで、上の写真に「交通安全宣言の町」というオブジェが写っているのですが、お気づきになられましたでしょうか? 実は……


まぁ、堂々と写っていたわけですが、それにしても見事な擬態ですよね。

絶景ポイントその 2

国道 238 号は程なくサロマ湖沿いの絶景ポイントその 2 に差し掛かります。ここも流氷が見事なまでに湖面を覆い尽くしていますね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事