2017年3月1日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (84) 「からくりオルガン『音木林』」

 


西興部村の道の駅「にしおこっぺ花夢」の話題を続けます。

フラワーパーク花夢は

一体どの辺が「花夢」なんだろう、もしかして単に「come」で来てほしいだけなのか……と思ったりもしたのですが、ふむふむなるほど、「フラワーパーク花夢」なる設備があるのですね。


「こちらから有料になります」の文字に一抹の不安を覚えたりもしたのですが、何の事はなく、


冬季閉園中でした(汗)。

森のオーケストラ?

ということで、建物の探索に戻りましょう。建物の中央には木製の大きなオブジェのようなものがあります。木の温もりが感じられていいですよね。


正面から見ると、こんな感じです。なるほど、「森のオーケストラ」なんですね。


よーく見ると、いろんなパートの演奏者が丁寧に作り込まれています。それぞれのポーズが微妙に違っているのがリアルですね。



からくりオルガン「音木林」

といった感じで、「ふーん」と思いながら眺めていたのですが!


実はこれ、単なるオブジェではなくてオルガンだったのでした。なんでも「日本にたった一つしかない『からくりオルガン』」とのことで、「からくりオルガン・音木林(おとぎばやし)」という名前なのだとか。


単に台ごとグルグル回るだけじゃなく、もちろんオルガンのやさしい音色も流れています。そして「演奏者」の人形が一体一体動いているんですよ!


この「からくりオルガン『音木林』」ですが、演奏時間は朝の 9 時から夕方 4 時半まで、30 分間隔で演奏が行われます(演奏自体は 3~5 分とのこと)。これは……一度見ておく価値があると思います!



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク