2017年3月16日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (95) 「大野生の小さな?お店」

 


士別の市街地を南北に貫く国道 40 号で、一路南に向かいます。


ところで、こちらのお店なんですが、前に一度見かけてからとても気になっていました。「大野生」の花店とは、どんだけワイルドなんだ……と思ったものです。

もちろん、これは読み間違いなんですけどね(汗)。



市街地から郊外へ

まだ 14 時半を過ぎたあたりなんですが、西日のような光が差し込んでいます。お店が立ち並ぶ一角は、お店の建物が西日を遮ってくれていたのですが……


程なく西日を遮る建物もなくなり、郊外のバイパスっぽい雰囲気になってきました。



道北のインディーズ系百貨店

「郊外のバイパス」と言えば大型店ですが、左手に見えたのが……


ご存知、道北のインディーズ系百貨店(どんな呼び方だ)「西條」です!


この、まるでどこかの百貨店を彷彿とさせるようなロゴが印象的ですよね!

二度ある事は

さて、西條には立ち寄ることなく通り過ぎ、更に南下を続けます。ホーマックとしまむらの前を通過すると、士別の市街地をほぼ抜けたと言えるでしょうか。


25 度ほど右にカーブして、ますます逆光が酷くなりました(汗)。「道央自動車道」の文字の入った電光掲示板が見えますね。「ETC カード 挿入確認」の文字が光ります。二度ほどカードを認識しない状態でゲートを突っ切ったことがあるので、仏の顔も三度笠……あれ?


ということで、日本最北の料金所・士別剣淵 IC に向かいましょう。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事