2017年6月14日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

江差線日帰りの旅「木古内 14:44」

 


木古内発江差行きの 4174D は、14:44 に出発予定です。ダイヤの上では木古内が始発ですが、実態は函館発木古内行きの 132D がそのまま 4174D に化けるだけなので、事実上函館発木古内経由江差行き、みたいなものですね。


というわけで、4 番線に停車中の 4174D に乗り込んで出発を待っていたところ……


1 番線に新青森行きの「スーパー白鳥 34 号」がやってきました。もしかしたら、往路で乗車した「スーパー白鳥 11 号」の車輌の折り返しだったりするんでしょうか。


「スーパー白鳥 34 号」と「北海道新幹線 木古内駅 開業!」を合わせてみました。

木古内駅 4 番ホーム 14:34

この「木古内駅 開業!」の真っ赤な看板、どうやら「名所案内」の上にラミネートフィルムを貼り付けているみたいなんですが、数があるので何しろ大変目立ちます。


そして駅の向こうには木古内町の役場が見えるのですが……


ん、何やら窓に文字が並んでいますね。これってもしや……


(汗)。まぁ、これは確かに相当めでたいことですよね。何しろ新幹線ですから当分は廃止されるおそれはありません。しかも東京まで直通の電車が走るというのですから、どれだけはしゃいだとしてもバチは当たらないでしょう(笑)。

木古内付近 14:45

江差行きの 4174D は、定刻通り 14:44 に木古内を出発しました。程なく津軽海峡線の線路が離れてゆきます。


江差線は津軽海峡線と別れるとすぐに北海道新幹線の高架をくぐり抜け、西へと向かいます。北海道新幹線の線路も随分と出来上がっていましたが、ところどころ足場が組まれていました。工事も終盤戦と言ったところでしょうか。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事