2017年7月31日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (127) 「親子熊岩」

 


「たぬき岩」や「マンモス岩」などの奇岩巨岩を眺めつつ、国道 229 号「追分ソーランライン」を南に向かいます。前方には「親子熊トンネル」(103.0 m)が見えてきました。


トンネルを抜けてから 300 m ほど先の右手(海側)に駐車場がありましたので、そこに入ってみることにしました。


この駐車場に何があるかと言いますと……


そう。大成町(あ、今はせたな町大成区でしたね)の奇岩群の中でも飛び抜けて有名な「親子熊岩」です。どこにあるのかと言えば……


めっちゃ近くにありました。

親子熊岩

この「親子熊岩」ですが、このコントラストだとわかりやすいでしょうか。子熊が立ち上がって親熊に縋りつこうとしているように見えますよね。


アングルとコントラストを変えてもう一枚。



親子熊岩物語

この「親子熊岩」は、形のリアルさも然ることながら、やはりその偶然の造形がストーリーを組み立てやすいものだったところに広く知られた理由があったのでしょうね。実際に「親子熊岩物語」と題された案内板が掲出されていました。


「親子熊岩」にはこんなストーリーがあったみたいです。誰が考えたものなのでしょうね。


そして、看板の下にはこんなアピールも。密漁はやめましょう。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク