2017年8月17日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (139) 「礼文と礼文華」

 


礼文華トンネルを抜けた先には、更に礼文トンネルがありました(げっ)。


トンネル抜けた先が「豊浦町礼文華」です。「礼文」と「礼文華」、うどんと優曇華くらいの違いがあるのでしょうか(さてどうだか)。

真面目に書いちゃいますと、どっちも rep-un(沖合に・ある)なのは同じっぽいような。


優曇……ではなくて礼文華峠を抜けて、緩やかな下り坂を走っていたところ……。おおっ! 前方右側に海が! 礼文華は海沿いの集落ですが、国道は礼文華に向かわずに山側を走っていただけに、ここで海が見えたのは意外でした。



「れ」で始まる駅

礼文華川にかかる橋の名前も「礼文橋」です。「礼文華」は礼文華であって「礼文」では無いのですが、「下北沢」が「下北」に略されるようなものなのでしょうか。


今更ですが、礼文華の最寄りの駅も「礼文駅」です(礼文島からはめちゃくちゃ遠いですが……)。今や貴重な「れ」で始まる駅の一つですね。左折してしまった場合の行く末が少し気になりますが、3 km ほど進んだところで行き止まりのようです。


礼文華川を渡って、そのまま南に向かえば「礼文華」の集落ですが、国道は再び坂を駆け上がって「大岸トンネル」に入ります。トンネルポータルに掲げられた「大岸トンネル」の文字が相撲文字っぽいのが気になるところです。



道道 32 号豊浦ニセコ線

トンネルを抜けて、またしても緩やかな下り坂を走った先に交叉点があります。右折すると室蘭本線の大岸駅で、左折すると……道道 32 号(豊浦ニセコ線)という割と若番の道なのですが……どこへ行くのでしょう。


豊浦町の北には「昆布岳」がそびえていて、昆布岳の南半分が豊浦町に属しています。ただ、昆布岳の西側は「昆布川」の流域のため、日本海側となります。言い方を変えれば、豊浦町の北西部は「日本海側」ということになります。

道道 32 号は、「日本海側」に属する豊浦町新富に抜ける道なのですが、地形図で見たところでは随分と狭い道のようで、下手に青看板に「蘭越 ニセコ」などと書いてしまうと迷い込む人が出るかも知れないので、あえて消した……のかな、などと(もしかしたら通行止めになることが多いのかもしれません)。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

道々32号線。今から12年前に全線走破しました。二桁番号の道々なのでと思い豊浦側から入りましたが、道央道を過ぎたあたりから道路状況が激変、ほぼ林道です。グーグルアースで見ると今も変わらないようです。北海道の道路はまだまだです。道道についても、距離が長く整備(舗装化)もさることながらメンテナンスも良くありません。充分調査の上、安全なご通行に心がけて下さい、。

Bojan さんのコメント...

コメントありがとうございます。
ああ、やはり林道レベルの状態の道だったんですね。北海道の道路は、国道だとかなり良く整備されている印象がありますが、道道は路線によって整備状態がまちまちのようですね。他にルートがあるなどであまり使われない道は整備が後回しになり、最終的にそのまま放置されてしまう……という印象があります。

道道32号、今のところ走行する予定はありませんが、いつか機会があれば、しっかりと気合を入れて挑戦してみたいです。

最近の記事

    スポンサーリンク