2017年8月23日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (143) 「虻田と洞爺湖の間の新ルート」

 


2000 年の有珠山の噴火で甚大な被害を受けた国道 230 号は、虻田と洞爺湖の間の旧ルートを放棄して、新たに二本の長大トンネルを掘削した……という話を昨日の記事でも書きましたが、この新ルートの開通は 2007 年だったのですね。確かに現道を放棄して新ルートをイチから切り開くという判断は一朝一夕にできるわけも無いのですが、丸七年かかったというのは認識不足でした……。

青葉トンネル(1,719 m)

ということで、「二本の長大トンネル」の短いほうである「青葉トンネル」に入ります。短いと言っても 1,719 m もあります。


完成してから 6 年ちょいのトンネルですから、国道 37 号のトンネルとは違って随分と新しく感じられますね。



虻田洞爺湖 IC

トンネルを抜けると道央道の下をくぐります。ちょっと離れた位置に橋が二つありますが、これは上下線ではなく手前が道央道の本線で、奥に見えるのが虻田洞爺湖 IC のランプウェイだった筈です。


国道 230 号(新ルート)の青葉トンネルと三豊トンネルの間は、道道 578 号を転用したように見受けられます。前方の十字路を右折すると洞爺虻田湖 IC のランプウェイで、左折すると現道の道道 578 号に向かうようです。最終的にウィンザーの麓に出るのはどちらも同じだからか、左折した場合の行き先が書いていないのが意味深長です(距離だけは国道 230 号を経由するより短いのかも)。


信号が青になりました。ここはもちろん直進です。



三豊トンネル(1,970 m)

国道 230 号(新ルート)の「二本の長大トンネル」のうち、長いほうの「三豊トンネル」に入ります。長いことには違いないのですが、こちらは 1,970 m とのこと。地図ではもっと長そうに見えるので意外な感じがします。



暗くなってきたので

三豊トンネルを抜けるとすぐに T 字路にぶつかります。Day 4 のゴール・洞爺湖温泉に向かうは右折です。あっ、支笏洞爺国立公園に入ったみたいですね。


時間は 17 時になったくらいなんですが、山の陰に入ってしまったからか、もう暗くなりつつありますね。


暗くなってきたので、ちかんにも注意です(ぉぃ)。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク