2017年8月25日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (145) 「有珠火山 防災マップ」

 


壮瞥町は洞爺湖畔にある「ペンションおおの」さんのお部屋には、こんな「お願い」が。ふむ、浴室前に「喫煙所」があるのですね。


この日のお部屋は有珠山側のツイン……だった筈ですが、気がつけば洞爺湖側のダブルに。角部屋なのでベッドの横にも窓があります。やったね!


ちなみに枕元から正面を向くと……何故か椅子が二脚。天井が低くなっているのは屋根の傾斜を急にしているせいですね。おそらく雪下ろしの手間を省くためと思われます。



あずましいリビング

それにしても、このリビングはとってもいいですよね。実にあずましい(心地が良い)です。


座椅子の近くには窓があり、洞爺湖が一望できます。正面に中島が見えてますね。



周辺を散策!

夕食は 19 時からということなので、少し周辺を探索してみましょう。


下に降りる階段のあるところにティーサーバーが置かれていました。お茶とコーヒーが飲み放題(だったと思う)というのは嬉しいですよね。



有珠火山 防災マップ

階段の横には掲示板がありました。レストラン営業時間が書かれていないのですが……もしかしたらレストランはお休みだったりするのでしょうか(2013 年 9 月時点の情報です。現況は「ペンションおおの」さんにご確認ください)。


そして、ふつーに「有珠火山 防災マップ」なるものが掲出してありました。有珠山は言わずと知れた現役バリバリの活火山(死語?)ですので、いつか噴火することが織り込み済みとも言えます。備えあれば憂いなしと言いますが、有珠山近辺の防災対策は国内外でもトップクラスなんじゃないでしょうか。


あっ、周辺を散策するどころか、建物の外にすら出てないですね……(汗)。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事