2017年9月8日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (150) 「謎の『藤井コレクション』」

 


「洞爺湖ビジターセンター」にやってきました。この美しい外板は本物のヒノキでしょうか……?


この建物の正式名称は「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」なのでしょうか。環境省のロゴが光ります。


開館時間は朝の 9 時から夕方の 5 時までです。そう、出発前に散歩したりして時間を潰していたのは、開館時間になるのを待っていたのですね。



洞爺湖有珠山ジオパーク

早速中に入ります(入場無料)。中も木のぬくもりを感じられるデザインですね。


洞爺湖と、南に聳える有珠山を中心にしたエリアは、日本初の世界ジオパークである「洞爺湖有珠山ジオパーク」です。



藤井コレクション

「世界ジオパーク」ということで、お硬い(ハードコアな)展示が続くのかと思いきや……


「洞爺湖有珠山地域で見つかるきれいな石・面白い石」という展示がありました。これはまたほっこりしますね……(笑)。ところで、


この「藤井コレクション」なんですが、藤井さんって誰なんでしょう。

フタがあるとつい開けたくなる

洞爺湖を模したオブジェの上には、何やら取っ手のついたパネルが並んでいました。


取っ手を持ち上げてフタを開けると、中にはテーマに沿った写真が。写真には日本語で説明が記されていて、フタの裏には英語で説明が。


ボタンがあるとつい押したくなるのと同様に、フタがあるとつい開けたくなる心理を巧みに突いた展示ですね(笑)。子供から大人まで幅広く楽しめそうです。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事