2017年9月22日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (159) 「弁天島と観音島」

 


洞爺湖汽船の遊覧船「羊蹄」で、洞爺湖の中島に向かいます。船は 30 分おきの運航で、中島までの所要時間は 20 分ちょいとのこと。


ということで、さっそく出航です。洞爺湖温泉の大きなホテル群が見えますね。そして湖上にはこんな船も……



ソファー席でのんびりと

遊覧船「羊蹄」の 1 等室で前方に中島を望みます。


写真の明るさを変えるとこんな感じです。液晶テレビが壁掛けになっているのはいかにも現代風ですね。


遊覧船は 30 分おきの運航で、片道 20 分ということは、船が二つあれば事足りる計算になりますね。進行方向右側に洞爺湖汽船のフラッグシップ「エスポアール」が見えてきました。



昭和新山を望む

「駅前桟橋」から出航して 12~3 分ほど経った頃の写真です。壮瞥温泉のあたりが見えていて、そのずっと先には昭和新山の姿も。


原寸トリミングしたものがこちらです。このアングルからだと割と普通の山?のようにも見えますね。



弁天島と観音島

そして、もう島の近くまでやってきました。この島は中島ではなく「弁天島」という小島です。


弁天島と、お隣の観音島の間は繋がっていて、小さいながら桟橋?もあります。地形図を見ると観音島にお寺があるようですが、もちろん遊覧船はスルーです(桟橋が小さすぎるので寄港は無理でしょうし)。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク