2017年10月4日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (167) 「なんじゃこりゃああ®」

 


洞爺湖の中島にある「博物館前桟橋」で帰りの船を待っていました。桟橋には既に長蛇の列ができていますが、行列をあざ笑うかのように白鳥が悠然と泳いでいました。しかし、その白鳥の背後から「なんじゃこりゃああ®」な船の姿が……


はい。中島から洞爺湖温泉には、この船に乗って移動します(汗)。写真でも相当なインパクトでしたが、実物は更に凄いと言いますか……(汗)。


あまりのインパクトに、白鳥も死んだフリでしょうか。



透明度高いなぁ

出港まであと数分というところで、ようやく乗船開始です。


桟橋から白鳥の姿を眺めます。こうやって見ると湖水の透明度の高さが良くわかりますね。



「エスポアール」に乗船

乗船は着々と進み、船のすぐ近くまでやってきました。この奇抜な造形は船体の幅を広く取れる双胴船ならではでしょうか。


「定員 709 名」の文字が光ります。そこそこ大きい船ですが、それにしても定員 700 名超えは凄いですよね。中層デッキから乗船の模様を見守る船員さんが格好いいですね。


というわけで、洞爺湖汽船のフラッグシップ「エスポアール」に無事乗船完了です。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク