2017年10月10日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (170) 「回って回って回って……」

 


洞爺湖汽船のフラッグシップ「エスポアール」に乗船したところ、鳥の大群が飛来してヒッチコック映画のような展開に……はなってはいません……が、


船の最上階?に登ってみたところ……うわわわわわっ


ここは正確にはオープンスペースではなく「屋根の上」なので、人が立ち入ることは基本的にありません。それを良いことにカモメのみならずカラスまで集まっています。



中島も遠くなりにけり

船尾から中島を望みます。博物館前桟橋を出て 12~3 分と言ったところですが、結構離れてしまいましたね。そしてちょこんと電球(かな?)に居座るカモメの姿も。


右の方を見ると、羊蹄山の手前に遊覧船「羊蹄」が見えました。弁天島の西を回るので、割と離れたところを航行しています。



バードウォッチング、再び

さて、バードウォッチングに戻ります。屋根の上を悠然と歩いていますね。


これは決定的瞬間でしょうか。乾パンかビスケットのようなものをくわえています。やはり、餌がもらえるから集まってしまうんですね……。


餌をついばむということは、当然糞も出るわけでして。あと、水鳥ならではの水かきの存在も良くわかりますね。


こちらはまた、随分と澄ました表情ですね。どこかのスーパーのマークのようにも見えてしまいます。



バードウォッチング、終了!

野生の鳥への給餌の是非という問題は残るのですが、これだけたくさんの鳥を間近に見る機会もそうそう無いわけで、かなり楽しんでしまいました。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク