2017年11月6日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (188) 「天空へ続く道。」

 


「火口原展望台」を後にして、「有珠山頂駅」に戻ります。


途中で、赤い実が印象的な木を見かけました。


こちらです。昔は良く見かけた印象があるのですが、そう言えば名前を知りません。これは何という木だったでしょう?


ほうほう。「カンボク」という名前だったのですね。「スイカズラ」という名前にはなんとなく記憶があります。「目立つ大き目の花は『装飾花』と呼ばれ……昆虫を呼び寄せるための飾りである」というのは面白いですね。



有珠山頂駅

大有珠の麓の遊歩道を歩いて……


「有珠山頂駅」に戻ってきました。


せっかくなので、正面から撮影した駅の写真もお見せしておきましょう。自販機があるのでコーラが飲みたくなったときも安心です(割とニッチな需要)。



観光地の定番

駅の中には……おっ、「記念メダル販売機」が! 昔は観光地の定番でしたね(と言いながら今でもちょくちょく見かけるような気も)。


次のロープウェイは 14:30 に出発しますが、少し早めに戻ってきてしまいました。10 分ほど時間があるので、駅の中を見学してみましょう。「洞爺湖有珠山ジオパーク 山頂防災シアター」という施設があるんですね。



天空へ続く道。

そして、駅の一角にはこんなパネルが。「天空へ続く道。」と題して「有珠外輪山遊歩道」が紹介されています。有珠山頂駅から火口原展望台までを歩いたわけですが、まだまだほんの序の口と言うか……。


この俯瞰図を見ると、「外輪山遊歩道」が素人さんお断りというのも良く理解できますね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事