2017年11月7日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (189) 「これって死重?」

 


「昭和新山駅」に戻るためのロープウェイがやってきました。既に先客の方々が乗り込んでいるようですね。


搬器の中(=車内)にはなにやら重りのようなものがありました。「重りのようなもの」という、そのまんま重りなんですかね。搬器の重心を下げるために使うのかと想像しましたが、いかがでしょう?


良く見ると、乗り場の端にも重りが山のように積まれています。重心を下げるのと、上りの搬器と下りの搬器の重量バランスが違いすぎる時に「死重」として載せたりするのでしょうか(ロープウェイは「釣瓶井戸」の仕組みで動くので、どちらかの搬器が軽すぎるとエネルギーのロスが大きそうに思えるのです)。



ロープウェイだけにスルスルッと

ロープウェイは時刻通りに出発しました。昭和新山駅に向かってスルスルッと下り始めます。


出発して 2~3 分ほどで上りの搬器とすれ違います。残念ながら若干シャッタータイミングが遅れた感が否めませんね……。



擁壁?

道道 703 号「洞爺湖公園線」の上を越えます。


道道 703 号自体も橋で谷を渡っていて、その谷が人工的なものに見える……という話を以前にしましたが、これは金属製の擁壁でしょうか。


右手に「熱帯植物園」なる建物が見えてきました。北海道って、時折ロケーションにそぐわない謎な施設がありますよね(笑)。



昭和新山駅に到着

およそ 5 分ほどで、山麓の「昭和新山駅」に到着です。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事