2017年11月17日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (197) 「北の湘南」

 


三松正夫記念館を後にして、車に戻ります。その前にちょいと土産物を購入したりして……。ええ、「洞爺湖」と書かれた木刀を購入しました。


駐車場をテクテクと歩いて、ようやく車のところまで戻ってきました。


気がつけばもう 15:30 です。あとはフェリーに乗るだけなので、時間に余裕があるのが幸いです(まぁ、時間があればもっと色んなところを回れたという説もあるのですが)。


昭和新山って、駐車場は有料だし、土産物屋もたくさん並んでいて、本来は苦手なタイプの観光地の筈なんですが……すっかり気に入ってしまいました。また来たい場所が、また増えてしまいました。



「あの橋」を渡る

左折して、道道 703 号で伊達に向かいます。左折だと道央道で、右折だと札幌なのが面白いですよね(道央道も札幌に向かうわけで)。やはり札幌へは距離の短い中山峠経由がメジャーなのでしょうか。


ロープウェイから見えた「あの橋」を渡ります。



立体交差に気づかなかったよ

この先は、国道 453 号で長和に向かおう……と思っていたのですが、いつまで経っても国道との交叉点に辿り着きません。……実はこの時既に国道 453 号の「上」を通過していたのですが、立体交差になっているとは気づかないまま直進してしまいました。右折すれば国道 453 号に出られたんですけどね。


まぁ、このまま道道 981 号を走っても室蘭に行けるみたいなので、そのまま行きましょう。前方右側に道央道の高架が見えますね。便宜上「高架」としましたが、正式には「長流川橋」という扱いのようで、「日本最長の高速道路橋」なのだとか。



北の湘南

長流川を渡ります。一見、何の変哲もない橋なのですが……いや、実際に何の変哲もない橋なんですが、名前が「北の湘南橋」と言うのだそうです(汗)。


何故に北の湘南……と思ったのですが、なんと Wikipedia にこんなことが書かれていました。

沿岸部は内浦湾(噴火湾)に面しており、道内では比較的温暖な気候となっている。積雪も少なく「北の湘南」と呼ばれている
(Wikipedia 日本語版「伊達市 (北海道)」より引用)

し、知らなかった……(汗)。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事