2017年11月19日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アイヌ語地名の傾向と対策 (487) 「トワルベツ川・エカシナイ川・クオペタヌ川」

 


やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

トワルベツ川

tuwar-pet
生ぬるい・川


遊楽部川の北支流の名前です。トワルベツ川と、その更に支流となるサックルベツ川は、山中にありながらとても大きく蛇行しているのが特徴的ですね。

どう見ても tuwar-pet で「生ぬるい・川」じゃないかと思われるのですが、山田秀三さんの「北海道の地名」には次のように記されていました。

トゥワル(tuwar)は「なまぬるい」意。処々の川名にこの名が残っている。
(山田秀三「北海道の地名」草風館 p.418 より引用)

あー。やっぱそうですよねぇ(汗)。「東蝦夷日誌」にも次のように記されていました。

トワルベツ(右、川幅五六間)
 トワルは温泉の事也。此源に溫泉有故號く。依て白崩石多く流有。
松浦武四郎・著、吉田常吉・編「新版 蝦夷日誌(上)」時事通信社 p.18 より引用)

あー。やっぱs(ry

永田地名解にも次のように記されていました。

Tuwaru pet  ト゚ワル ペッ  生溫(ナマヌルキ)川 源ヲ太櫓山ニ發シ熱泉湧出スルガ故ナリ
永田方正北海道蝦夷語地名解」国書刊行会 p.165 より引用)

あー。y(ry

エカシナイ川

ekasi-nay?
おじいさんの・沢
e-kas(-un)-nay?
頭・仮小屋(・ある)・沢


アイヌ語で「エカシ」と言えば「おじいさん」を意味します。お年寄りを意味する語彙は他にもいくつかあるのですが、田村すず子さんの「アイヌ語沙流方言辞典」にうまくまとめられていたので、ささっと引用してしまいます。

☆参考 onne kur オンネ クㇽ。老人。cáca チャチャ じいさん。ekasi エカシは通常尊敬を伴う。☆参考 祖父を表す場合、ekas エカㇱと異なり、親近感を伴い、日常普通に用いられる表現。自分の、相手の、のように親しい関係の祖父は通常これで表す。
(田村すず子「アイヌ語沙流方言辞典」草風館 p.87 より引用)

はい。だいたいこんな感じでしょうか。国後島に「爺爺岳」と書いて「ちゃちゃ──」と読ませる山がありますが、あれはアイヌ語に漢字が当てられた珍しい例なのかもしれません。

そろそろ本題に戻りましょうか。「エカシナイ」という名前からは ekasi-nay で「おじいさんの・沢」という解釈が真っ先に思いつくのですが、ちょっと「本当かなぁ」という疑いも挟みたくなってしまいます。というもの、「エカシ」を冠した地名は意外と少ないような気がするのですね。

そんなわけで、案外 e-kas(-un)-nay で「頭・仮小屋(・ある)・沢」あたりだったりしないかなぁ……と考えてみました。この場合の「頭」は川の水源ということになりますね。

もちろんエカシが不慮の事故で無くなったとか、あるいはエカシが眠っている場所だったりするのかもしれませんが……。

クオペタヌ川

ku-o-{pet-aw}
仕掛け弓・ある・{二股}


道南を中心に幅広く展開中の「ペタヌ川」が本日も登場です。八雲町内だけでも「ペタヌ」は相当あるので、それぞれ区別がつけられるように接頭詞をつけた、という感じでしょうか。

今回は久しぶりに更科源蔵さんの「アイヌ語地名解」を見てみましょう。

 クヲペタヌ川
 トワルベツ川の左支流。クヲは獲物をとる仕掛弓をかけること、ペタヌは二股。
(更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房 p.17 より引用)

はい。この解釈には全く異論がありません。ku-o-{pet-aw} で「仕掛け弓・ある・{二股}」と見て良いでしょう。pet-aw は「川・枝」ですが、「川が枝分かれするところ」=「二股」と解釈したほうが妥当な場合があるので、ちょっと注意しておいたほうがいいかもしれませんね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事