2017年11月30日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (205) 「測量山の三角点」

 


測量山の山頂広場には、いかにも「測量山」という名前に相応しいスポットがありました。こちらです!


……実に地味な佇まいですが、「大切にしましょう三角点」という標柱の横に、「三角点」がありました。


「測量山の三角点」、もっと大々的に売り込んでもいいのになー……などと思ったりもします。などと言いながら、今のまま大した注目を浴びることなく、さりげない存在のままあり続けるのも悪くないかなぁ、と思ったりもするのですけどね。

たぶん最高峰

標高 199.4 m の測量山は、絵鞆半島の最高峰でもあります(たぶん)。ということで、山頂広場では 360 度(たぶん)のパノラマを楽しむことができます。


こちらは西を向いたパノラマ写真です。リストアップされたスポットは「恵山岬」「駒ケ岳」「有珠山」「昭和新山」「羊蹄山」と言った遠くの山々もあれば、「追直漁港 M ランド」「マスイチ展望台」「ハルカラモイ」「大黒島」「白鳥大橋」「道の駅『みたら室蘭』(白鳥大橋記念館『みたら』」と言った近くのスポットが並び、トリが何故か「JK 日鉱日石エネルギー室蘭製油所」だったりします(笑)。

ちなみに、こちらが北西方向を実際に撮影したものですが、「祝津展望台」が見えているのがおわかりでしょうか?


よーく探してみると、左側に見えてるんですよね。



電波飛びまくり

東を向いたパノラマ写真には、「室蘭岳」「日鐵セメント」「新日本製鐵」「イタンキ浜」「地球岬」「追直漁港」そして「旅客船バース(中央埠頭)」「フェリーターミナル」「日本製鋼所」「入江運動公園」「JR 室蘭駅」がリストアップされています。景勝地から鉄鋼関連までワイドな品揃えが光りますね。


そして、室蘭随一のビュースポットである測量山は、ビュースポットであるが故に電波を飛ばすにも最適な場所です。ということで、


電波塔立ちまくりの電波飛ばしまくり状態だったりします(もう少しマシな表現はできないのか)。ですからもちろん、パノラマ写真にもバッチリと電波塔が映り込んでいたりします。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事