2017年12月1日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (206) 「5JV の謎」

 


測量山の「山頂広場」の話題をもう少し続けます。山頂広場は南北に長い形をしているのですが、北の方角にはこんなものがありました。


これ……もそうですが、もっと目立つものがありますよね。


はい。まるで天国への階段のようにすら見えてしまう(言い過ぎ)階段の先には「測量山展望台」がありました。


そして、右側の手すりには何故かこんなプレートが……。「5JV」でしょうか(違います)。



展望台の定番アイテム

階段を登った先には、展望台と言えば定番の双眼鏡が。昔は、景勝地には必ずコイン式の双眼鏡とかありましたよねぇ。



協力 札幌テレビ放送株式会社

展望台の手すりには「むろらん観光マップ」が。「測量山の展望」は室蘭八景の第二景でしたね。


そして、「むろらん観光マップ」の下に小さな銘板があるんですが……おぃぃぃ!


なんだなんだ、「寄 贈 住友生命保険相互会社」の下に「協 力 札幌テレビ放送株式会社」とあるじゃないですか。手すりに「5JV」じゃなくて「STV」とありましたが、実は単なる協力だったというオチですか……?

Wikipedia の「室蘭送信所」によると、「旧STVアナログ送信施設には展望台が設置され、一般に開放されている」とありますね。なるほど、本来の建物の所有者であることを全力でアピールしていた、ということなんでしょうか。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事