2017年12月18日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (217) 「トッカリショ」

 


地球岬を後にして、東に向かいます。左折すれば母恋の住宅街ですが、ここはもちろん直進して「トッカリショ」に向かいます。


途中、室蘭八景の「金屏風」の案内があったのですが、すでに陽も沈んだことですし、ここは華麗に(?)スルーしてしまいました。



トッカリショ

ということで、地球岬の駐車場からものの 3 分ほどで「トッカリショ」の駐車場に到着です。


「トッカリショ」も室蘭八景のひとつです。ということで、どこかで見かけた案内板がここにもあります。


「地名由来板」も、もちろんちゃんと用意されています。

 原名トッカリショ。アザラシの岩という意味で、いまは岩ではなく漁場そのものを呼んでいる。

まぁ、ふつーに考えるとそうなりますよね。この解釈が妥当であるか、それとも他にも考えられる解があるのかは、そのうち(いつ?)検討してみたいと思います(実はちょっとだけ気になってることがありまして)。


「トッカリショ」というのは、この岩岬のことのようですね。



この岬の名前は……?

北側にもこれまた険しく切り立った崖が見えますが、特に名前は伝わっていないのでしょうか……?


かなり傾いた地層が見えます。砂岩でしょうか?



夕日が沈んで日が暮れて

陽もぼちぼち翳ってきそうですので、ささっと車に戻ることにしましょう。


この二枚はほぼ同じタイミングで撮影したものですが、同じ時間の写真とは思えないですよね。測量山のアンテナ群があんなに遠くに見えています。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事