2013年5月15日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第17回「知里真志保之碑」

 


登別本町へ

登別東 IC での鬼のお出迎えに「なんじゃこりゃああ」と驚いてしまいましたが、気を取り直して。


鬼の前で右折して、市街地へと向かいます。


国道 36 号線を右折して、登別本町へ……。



閑静な住宅街™

なんだか閑静な住宅街™ にやってきましたが、


いったいここに何があるのかと言うと……


小学校があります。まぁ、閑静な住宅街™ に小学校はつきものですが……。

「知里真志保之碑」

ただ、先ほどの写真をよーく見ると……、右の方になにやら見えるのがおわかりでしょうか。実は……


こんな石碑がありました。なにやら随分と立派な石碑なのですが、碑文を見ると……


「銀のしずく 降れ降れ まわりに」「知里真志保之碑」とあります。石碑の土台の左側には「知里真志保略歴」が、そして右側には「友人 山田秀三」と記されています。

知里真志保さんはアイヌの言語学者で、アイヌ語の研究(地名に限らず)で多大なる実績を残した方です。なかでも、ご本人が「わりと感じのいい,たのしい本である!」と自賛していた「アイヌ語入門」は不朽の名作と呼ぶに相応しいものでした。氏が同書内で唱えた「川は生き物である」という考え方は、今でも広く世に知られていますね。

山田秀三さんは、本業は実業家なのですが、在野の「アイヌ語地名研究家」として広く知られた方でした。知里真志保さんよりも十歳ほど年上だったのですが、理論派の知里さんと、現地調査派の山田さんは、お互いを尊重し合える、良き「友人」だったみたいです。それ故に、「友人 山田秀三」という一見奇妙な肩書きにも、深く頷けるものがあります。

知里幸恵さんと金成マツさん

そして、「知里真志保之碑」の隣には……


「金成マツの碑」「知里幸恵の墓」への案内板が。

知里(真志保)さんの実姉が、「アイヌ神謡集」の著者として知られる知里幸恵さんです。知里幸恵さんは、アイヌの叙事詩「ユーカラ」(「ユカㇽ」とも)の対訳本「アイヌ神謡集」を著した後、若くしてこの世を去ったのですが、知里幸恵さんのユーカラの師となったのが、伯母であり養母であった「金成マツ」さんでした。

どうかご容赦いただきたく

はい、いきなりいろんな人の名前が出てきて「???」となった方もいらっしゃるかも知れませんが、今日のところはご容赦ください。あ、「ご容赦ください」と言えば……


「知里真志保之碑」の前には駐車場がありません。というわけで、いったん路上に車を停めて撮影をしていたのですが、見事に後続車の邪魔になってしまいました。どうかご容赦いただきたく……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク