2010年5月3日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すずらん」特等(和室)乗船記(つづき)

 


というわけで、お約束の記事がやってきました。新日本海フェリーの敦賀・苫小牧東航路は一昨年も乗船しているので、さすがに多少は趣向を変えないといけないだろう……ということで(?)今回は「和室」です。

室内の様子

「和室」だけあって、まるで旅館の一室のようです。


部屋の右側(前方)にはご覧のような……えぇと……何でしたっけ。そうそう、座卓と座椅子が用意されています。


テーブルの上のアレ(本当に名前がわからないのですが、何と言うんでしたっけ?)の中にはコップと湯呑み、そしてティーバッグが入っています。


テレビもあります。いつの間にか BS デジタル対応です。2011 年問題もこれで OK ですね。

船上だったのでした

こんな感じで、まさに旅館のようで寛げてしまうのですが、


テレビでは救命胴衣のつけ方を放送していたりします。:-)


反対側には布団が敷かれています。船の進行方向から考えて、津軽海峡以外では北枕にはならないようです(← 細かい)。


障子を開けるとご覧の通り。実際には障子と窓の間に厚手のロールカーテンがあるので、朝日が差し込んで眩しい、なんてことはありません。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク