2013年4月28日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「さんふらわあ ふらの」スイートルーム乗船記(つづき)

 


大洗と苫小牧を結ぶ「さんふらわあ ふらの」についての話題を続けます。まずは客室のインプレッションから。


何やらソフトフォーカスで、とってもムーディーな雰囲気が漂います。これは構図の勝利……なワケは無く(←)、カメラの調子が悪かったのです(汗)。

結局、根本原因は分からずじまいだったのですが、オートフォーカスの挙動がおかしくなっていたのでした。

玄関?には

ちなみに、鍵を開けて客室に足を踏み入れたところには……


花が生けてあります。いや、確か造花だったと思いますが……

中のレイアウトは

二つ目のドアをくぐると、窓の手前にはソファーセットが。


窓に向かって左側には……


ベッドが二式、備え付けられています。

まるで二部屋使えるかのような

ベッドのあるところからソファーのほうを見ると……


デスク兼用のテレビ台で、ちょうど部屋が二分割されているのがわかります(またピンボケですね。すいません)。

テレビ台の右側(つまり廊下側)には……


洗面所があって、その右側にはバス・トイレも完備されています。

もちろん冷蔵庫もあります

テレビ台の右側には DVD プレーヤーが備え付けられているのですが、


その下の鎧戸が扉になっていて、そこを開けると……


冷蔵庫があります。冷蔵庫の中には……


予めビールやお茶が冷えています。これはありがたいですね……!

料金は前払いなので、別途チャージはされない……筈です。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事