2013年9月5日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (95) 「どうぶつ単管バリケード」

 


どうぶつ単管バリケード

礼文町香深井を通り過ぎ、「駒谷ノ崎」というところにやってきました。


ご覧の通り、道路工事をしているのですが……ん、あれはもしや?


おお。ここにも「どうぶつ単管バリケード」が。これはウサギでしょうかね?

この石碑は……

ここから先は覆道です。「駒谷崎覆道」と書かれた文字の左右に植物の絵があるのも良いですね。ちょっとした工夫です。


覆道を抜けると「起登臼」です。謎の石碑が描かれていますが、その由来は後ほど……。


起登臼から、お隣の「内路」までは約 3 km、礼文島北部の中心集落とも言える「船泊」まではおよそ 10 km です。礼文町の中心地・香深と、第二の中心地(だと思う)船泊までの間はおよそ 17 km ほどで、車で 20 分ほどの距離です。それほど遠くないですね。



登山道かな?

ほどなく「内路」に到着です。


この絵は……登山道でしょうかね?


おっ。しばらくセンターラインがお留守だったのですが、ようやく復活するようですね。


内路集落の中心地に向けて北上していくと……


ああ、やはり。ここから礼文岳まで登山道があるみたいです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事