2010年2月22日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「山の上ホテル」編(第 6 回)

 


部屋に備え付けられている冷蔵庫の中身はこちら。


最近は、中身が空っぽで持ち込み専用の冷蔵庫が多いですが、こちらではちゃんとしたミニバーが用意されていました。


こちらはオリジナル ブランドのポークジャーキーです。一袋 \420 とのこと。

「おゆ」

冷蔵庫の上には、ドリップコーヒーとお湯入りのポットが用意されていました。これは、余所のホテルでも良くある趣向ですね。


これ、うっかりしていたのですが、もしかしたら魔法瓶タイプで、きちんと毎日部屋係のお姉さんがお湯を注いでいるのかも知れません。


大変味わい深い「おゆ」の文字が光ります。

「おみず」

お湯があれば、お水もあります。


枕元には冷水が用意されていたのですが、こちらも


負けず劣らず味わい深い「おみず」の文字が。こういった趣向は、外国からのお客さんは喜ぶような気がします。名の知れた書家が揮毫したものだったりしたら驚きですが……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク