2010年11月20日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第3回「ビッグハープとショートハープ」

 


「三航北国日誌」第 3 回です(まさかのカウントアップ!)。

ビッグハープとショートハープ

阪神高速池田線の終点近くには、「ビッグハープ」という愛称の斜張橋があります。


中から見てみるとこんな感じです。実際に走ってみるより遠くから眺める方が美しいのが吊り橋の常、というヤツですね。

ほどなく終点の「池田木部第二出口」に辿り着きます。ふと気がつくと、目の前に「ショートハープ」が……。


こちらは「ビッグハープ」とは違い、可搬式のようです(←

細工してみた

何を細工しているのか気になる所ですが……


これ、どうやら「細工所」という地名みたいです。由来については良くわかりません。何しろ「角川──」も「北海道編」しか持っていないもので。


飲酒運転の根絶、私からもぜひお願いしたいところです。

時間が余ったのでルート変更

さて、この日は家を出たのが 13:30 頃だったんですが、16:30 には京丹波町(旧・瑞穂町)に着いてしまいました。要するにかなり時間が余ってしまったので、そのまま北上して綾部経由で行くのをやめて、のんびりと大江山の麓を回っていくことにしました。



国道の渋滞が発生するメカニズムに関する考察

良くある例をご紹介します。


幹線道路は更なる整備を望みたいところですね……。

土師川

左手に由良川の支流・土師川が見えてくると、福知山はもうすぐです。


この辺の風景、なんだか好きなんですよねぇ。

キリ番ゲットへの道

さて、大江山に向けてのんびりとドライブしていたところ、あることに気がつきました。


ご覧の通りなのですが、もうすぐオドメーターが 40,000 を示します! 確か 30,000 km はいつの間にか迎えてしまったような気がするので、今度こそはちゃんと記録できるかどうか……。


あと少し、ですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク