2011年11月9日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第53回「頭上注意!」

 


阿藤快さんもオススメの(?)、隠岐の島町は「壇鏡神社」の話題を続けます。

壇鏡神社・拝殿と本殿

石段を登ると……


立派な門があり、その奥には拝殿も見えます。


そして、拝殿のすぐ後ろには本殿も。


この本殿も、隠岐造でしょうか……?

頭上にご注意ください

そして、「頭上にご注意ください」との警告が。


頭上を見てみると……


おぉぉぉ……。

正面から拝殿を見てみます。


そして、拝殿の上に視線を動かすと……


迫り来る岩肌。そしてその奥には流れ落ちる滝の姿が。

別アングルからもう一枚。



やはり「落石注意!」

滝が流れるということは水による浸食もじゅーぶんに起こりうるわけですが、


やはり、「落石の恐れ」がありますよね。

泣きたくなるくらい美しい……かな?

それにしても、この「壇鏡の滝」は確かに一見の価値はありました。


「滝」と言えば、イグアスの滝のような、圧倒的な水量で見る者をも圧倒してしまうものもありますが(日本だと「華厳の滝」とかでしょうか)、この「壇鏡の滝」は全く違ったアプローチの「滝」ですね。流れ落ちる水が主役なのではなく、この「舞台装置」そのものが主役であるように思われます。この滝だったら、きっとブルーノ・タウトも気に入ってくれたんじゃないかなぁ、なんて思います。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク