2012年6月25日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第64回「なれなれしいトイレ」

 


「トドワラ」とは

長かった(ような気がする)「野付半島ネイチャーセンター」の話題も、ようやく今日でおしまいです。


さて、随分と前に「トドワラ」「ナラワラ」は実は地名では無いらしい……ということを書いた記憶があるのですが(2012/6/13 の記事)、ようやく「トドワラ」についてまとまった説明を見かけました。


「トドワラ(トド原)とは」として曰く、

樹齢 100 年以上のトド松の森が、地盤沈下などにより海水に浸食され、立ち枯れた場所です。
現在、横たわった木々は風化し、静かに土に戻っているところです。
(野付半島ネイチャーセンター内展示ポスターの説明文より)

ということなのだそうです。ですので、「地名」と言えば「地名」なのですが、ちょっと一般名詞に近い固有名詞、といった感じかもしれません。

特定外来生物にご注意

そして、こんなチラシもありました。


特定外来生物「セイヨウオオマルハナバチ」の目撃情報を求めています!とありますね。紛らわしいことに、どうやらこのあたりには「ノサップマルハナバチ」という在来種がいるらしく、かなり見た目が似ているのだとか。

生物の多様性を維持するためには、繁殖力の強い外来種を規制すべし! となるのは当然なんですが、セイヨウオオマルハナバチはある種の益虫(もっと適切な表現があるような気がするけど)なので、なかなか複雑な話になります。

なれなれしい……

さて、最後はトイレです。……これがなかなかいい感じのトイレでして(笑)。


何やらメッセージが添えられていますね。拡大しますと……


こうなります。以前にも一度ご紹介したことがあるので、ご記憶の方もいらっしゃるかも知れません。実になれなれしいトイレです(笑)。

キリ番?

というわけで、車に戻ってきました。


お、よーく見ると家を出てからちょうど「888 km」走行していたみたいですね。

道路は続くよ、もう少し

カーナビによると、現在地はこちら。


はい。確かに「野付半島ネイチャーセンター」の前に停まっています。地図を見た限りでは、もう少し先まで道が伸びているようです。ということなので……


もちろん、行けるところまで行ってみます!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク