2012年11月15日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第168回「撤去されることなく」

 


シンプルな石碑

そんなわけで、「路傍の牛」を眺めつつ……


ふと周りを見渡してみれば、何やら石碑が。


一応、拡大しておきますと……


「開拓記念碑」とあります。……割とシンプルな字面(で良いのか?)ですね。

撤去されることなく

車に戻って、ふたたび北へと向かいます。「セタラ沢」という沢が茶路川に合流する少し手前のあたりで……


茶路川に架かる鉄道橋が、そのまま残されているのが確認できました。


鉄道を建設するのにお金がかかるのは当然のことですが、その撤去にもそれなりの費用がかかるわけでして……。ここの場合は現時点で崩落などの危険が無いと踏んだのか、特に撤去もされずに放置されているようです。

「鍛高」は何と読む?

さて。さらに少しだけ北に進んで、「鍛高」というところにやってきました。


ちょうどいい具合に路肩にスペースがあったので、まずは車を停めて……と。


ここからも、ちょうど「国鉄白糠線」の遺構が見えますね。


一応、わかりやすいように写真にマーキングをしますと……


こんな感じです。どうやらここには踏切があったようですね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク