2013年4月7日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ラスベガスの旅 2011/夏 #80 「ラスベガス例会?に潜入!」

 


イギリス発祥のとある親睦団体

そもそも、何のためにラスベガスのダウンタウンまでわざわざやってきたのか、という所から書かないといけないような気がしてきました。えー、ご存じの方はよーくご存じなのですが、実は個人的にとある親睦団体(フリーメーソンじゃないですよ)に所属しています。

このイギリス発祥の親睦団体は世界中に十万人超の会員がいるのですが、会員がどこか他の国を旅行する際に、事前に「迎撃希望」と申し込みをしておけば、現地在住の会員を紹介してくれたり、会合に誘ってくれたりする仕組みがあるのですね。今回は「9/2(金) がヒマなので誰かかまって」と伝えてみたところ、「毎週金曜日に集まっているから、遊びにおいで」という話になったわけです。

例会会場に潜入!

というわけで、その会場として指定された場所に向かっています。


まだ 10 分以上時間が早いですが、まぁ、いいでしょう。


中に入ってみると……


基本はメキシコ料理とお酒のお店で、あまりカジノっぽい雰囲気はありません。

はじめまして!

一体どこへ行けばいいんだろう……と思っていたところ、団体のロゴを発見。


程なくホスト役の人物(Fred)とも無事合流。事前に少しメールのやりとりをした程度で、この日初めて会ったのですが、何とか辿々しい英語で会話します。Fred はかなりの日本贔屓のようで、いつかまた日本に行きたい……なんて話をしたり、冬にはラスベガスで CES をやってるから、ぜひ見に来い、その時は俺の家に泊めてやるから、なんて話をしたり……。

ここはメキシコ料理のお店、ということで……


タコスをご馳走になったりしました。「ここのオーナーはメキシコ出身だから料理は抜群に美味いぞ」なんて話を聞いたりして。

残念ながら欠席が多かったですが

いろいろと話を聞いてみたところ、ここで毎週集まっていて、いつもは 3~4 人は来ているとか、いつもこの店に集まっている理由は料理が美味しい上に寛げるから、とか……。ところがこの日は生憎 Fred 以外のメンバーは誰も来ていなくて、Fred と一対一でずーっと話をしていたのでした。

さすがに Fred も気まずく感じたのか、コアメンバーに電話をかけて状況を確認したのですが、「足を怪我して歩けない」人や「海兵隊の仕事で抜けられない」人など……。まぁ、ツイてなかったと言うしか無いですね。

ちなみに、後日譚があって、この日の会合に自分以外誰も来なかった(来られなかった)ことに Fred は怒り心頭だったらしく、「せっかく日本から ***(私の本名)が来ると言ってきたのに、誰も来ないとはどういうことだ!」とメーリングリストに投げていました。その気持ちだけでも嬉しい限りなんですが、私の本名が間違ってなければもっと嬉しかったんだけどな。

ま、そんな手違い?もあったものの、とっても楽しい時間を過ごすことができたのでした。ついでにデザートまでおまけでつけてもらいました。


記念に、オーナーの Carlos と Fred のツーショットを。



これにてお開き

毎週金曜日の「ラスベガス例会」は、予定通りに 19:30 でお開きに。帰りは Fred がホテルまで送ってくれることになりました。


夜の 7 時半ですが、サマータイムだけあって、まだうっすらと夕暮れ空ですね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事