2013年5月1日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

「さんふらわあ ふらの」スイートルーム乗船記(まだまだ続くよ)

 


えー、諸事情により、茨城県は大洗港と、北海道は苫小牧港を結ぶ、商船三井フェリーの「さんふらわあ ふらの」の話題を続けます。

いや、SD カードリーダーを持ってくるのを忘れた……とか(汗)。

後ろ向きだけど

7 階のレストランは「準備中」とのことで、中に入ることはできませんでしたが、7 階後方の「展望スペース」は絶賛オープン中でした。ということで……


7 階に上がってみると、なかなか良い感じです。


前方……じゃなくて後方を眺めることができる座席もあります。


何が見えるのか、と言うと……


巨大な煙突だったりするのですが(汗)。

「身も心も癒されます」

ちなみに、これらの「後ろ向き」な椅子ですが、


一部はマッサージチェアになっています。「マッサージ器コーナー 身も心も癒されます」というのはかなり魅力的な謳い文句ですね。

お値段はそのまま

展望スペースには飲料の自販機も備え付けられています。


価格は市価そのままです。ありがたいですね。



キャップを集めてワクチンにしよう

自販機のあるところ、空き缶入れもあるものですが、


「さんふらわあ」では、PET ボトルのキャップも集めていました。


キャップを回収することでポリオのワクチンに化けるのだそうですが、これって PET ボトルのキャップだけを集めることで、何か別の資源に再利用できる、という話なのでしょうか。からくりを知りたいところです(個人的な興味ですが)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事