2017年4月7日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(乗船手続き編)

 


「なかなか乗船しない乗船記」も三日目となりました。さぁ、今日こそ乗船できるのでしょうか!?(好きにしたら?


乗船手続きを済ませるべく 20:30 頃に苫小牧東港フェリーターミナルにやってきたは良かったものの、ちょうど「あかしあ」の入港と重なってしまい、窓口カウンターが無人になってしまいました。仕方がないので 2F の待合室で 15 分ほど時間を潰して、その後に再度 1F のカウンターに向かいました。


新日本海フェリーの「苫小牧ターミナル」は、名前こそ「苫小牧」ですが、実際の所在地は「勇払郡厚真町」です。その辺の事情を汲み取った上でこのパネルの並びを見ると、結構グッとくるものがあります(笑)。


ということで、車検証片手にカウンターに向かったのですが、実はインターネットで予約した場合は車検証のチェックは不要だったとのこと。最初からわかっていれば……という話でしたね。

車輌の積み込み待ち

乗船手続きを終えて乗船待ちエリアに停めてある車に戻ります。いやいや、地味に寒いですねやっぱり。車輌の積み込みは出港 30 分前の 23 時頃を予定しているとのことですが、まだ 20:50 頃ですから、あと 2 時間以上ボーっと待つことになりそうです。


エンジンを切った車内で twitter に興じること、およそ 90 分ほど。さすがにちょっと飽きてきたのでちょいと車外に。それなりに車の列ができていましたが、繁忙期と比べるとやはり全然少ないですね……。


乗船予定時刻はあくまで「予定」で、実際には前倒しされることも少なくないので、念のため予定の 30 分前に車に戻ってきました。



エンジン再始動!

車内も随分と冷えてきましたし、いつでも乗船できるようにエンジンも暖めておこう……ということでエンジンを始動させました。


ああ、やはり ANTIPOLLUTION FAULT が出たままですね……。


ちなみに外気温計は氷点下 5 ℃を指していました。海沿いでそれなりに暖かい筈ですが、しっかりと冷え込みつつありますね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク