2017年10月5日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (168) 「秋の青空に秋の雲」

 


洞爺湖汽船のフラッグシップ「エスポアール」は、ほぼ定刻通りに博物館前桟橋を出港しました。乗船口は結構混雑していたような感じがしましたが、お見事です。


再び中島を湖上から眺めます。神社の鳥居が見えますね。


業務用の桟橋?に別の遊覧船が停泊していました。「幸福」という船名のようです。


中島、そして博物館前桟橋がどんどん小さくなってゆきます。それにしてもいい形の山ですよね。まるでピラミッドみたいです。



一路、駅前桟橋へ

洞爺湖温泉の「駅前桟橋」から中島の「博物館前桟橋」に向かう際に乗船した遊覧船「羊蹄」は、「弁天島」や「観音島」の西側を経由して、観音島と中島の間の「海峡」を通過していましたが、「エスポアール」は観音島の東側の広い水域をまっすぐ洞爺湖温泉に向かいます。


これは「中島行き」と「洞爺湖温泉行き」で航路を変えているのか、それともエスポアールだけ航路を変えているのか、どっちなんでしょうね。前者だと思いこんでいましたが、もしかしたら後者の可能性もあるよな、と今頃気づきました。

秋の青空に秋の雲

おや、翼を広げたお客様(カモメ)の登場です。


屋上デッキで空を見上げると、秋の青空に秋の雲が。


そしてここにも滑空中のカモメの姿が。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク