2008年8月17日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すいせん」特等 乗船記

 


フェリーと言えば Bryan Ferry であったり Roxy Music だったりするのですが……(←

既報(どんなだ)の通り、新日本海フェリーに乗って北海道にやってきました(!)。生まれて二度目の北海道だったりするのですが、前回は日帰りだったので、ま、実質初めてみたいなもんです。

「すいせん」は「水栓」に非ず

乗船したのは、新日本海フェリーの「すいせん」です。どんな船かと言うと、こんな船です。


うわ、おそろしく下手くそな写真ですね(苦笑)。

客室(← 手を抜いた題名の例

部屋は、ちとワケアリで奮発して「特等船室」にしました。


下手なビジネスホテルのツインルームと変わらないです。ただ、テレビ(SHARP の AQUOS だったような……)の画面にはこんなものが……。


飛行機でもおなじみ、救命胴衣の付け方ビデオです。イージス艦か氷山にでもぶつからない限り、使用することは無いかなぁ、と、使わずに済むことをさりげなく期待しながら(どんなだ)、音量を絞ってみました(←


エアコンを切ったクルマの中で 2 時間近く待っていたこともあって、エアコンが効いた船内はめっちゃ快適……! エアコンはダイキン製で、うちのオフィスにあるのと同型のスイッチでした。うん、船の中とは思えんな。

お風呂兼トイレ(←

お風呂兼トイレはこんな感じ。


見たところ、良くあるユニットバスのようにも思えますが、壁の下 1/3 くらいと床面がタイル張りなのが目を引きます。とはいえ、建造されてからまだそんなに経っていない(まだ 10 年未満じゃなかったかな?)船なので、古くささは感じません。


さりげなくトイレは TOTO のウォシュレットですし、水栓も混合タイプ。SHARP だったりダイキンだったり、メジャーブランド揃いなのが凄いなぁ、と妙な感心をしていたのですが、混合水栓は聞いたことのないブランドのものでした。もしかしたら海外のメーカーなのかもしれませんね。使い勝手は凄く良かったですよ。

次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク