2010年8月30日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道央・道北の旅 2010 (87) 「トンネルの跡とか橋梁の跡とか」

 


トンネルの跡

はい、というわけで、「萌える天北オロロンルート」こと国道 232 号線を南下中にトンネルの跡を見かけたので、ちょいと散歩がてら見物に来てみました。

初めての試みですが、Yahoo! 地図を貼り付けてみます。


えーと、その……この辺です(←

トンネルの名前が気になったので少し調べてみたのですが、多分「第一豊岬トンネル」と言うのだ……と思います。


「1957-10」と書いてある通り、昭和 32 年 10 月に竣工したトンネルです。


トンネルの向こうにはトンネールがふ・た・つ♪ も見えます。


築堤の上には、なぜかカラスの羽(だと思う)も落ちていました。



その次は橋梁の跡

さらに車を走らせていると、左手になにやら怪しげなものが見えてきました。


まずは車を止めて……


後ろを振り返ってみると、なるほど、鉄橋の跡があります。


ここにはかつて、通称「金駒内陸橋」(正式には「第 1 初山別陸橋」?)と呼ばれる高架橋(のようなもの)があったみたいです。国鉄羽幌線が廃止されてからも 2004 年あたり?までは撤去されずにそのままあったそうなのですが、おそらくは「国道 232 号が並行することから危険だ」という判断で撤去されてしまったようです(残念……)。

在りし日の「金駒内陸橋跡」の写真は、例えば http://ako-kz.cool.ne.jp/z/17h_1c.htm などで見ることができます。

その証拠に……というわけでも無いのですが、国道から少し離れたところでは、橋梁の跡がそのまま残っているようです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事