2012年7月17日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (86) 「ハマと言えば中華街ですが」

 


充実の「調査データコーナー」

「春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター」(長いぞ)の一角には、「調査データコーナー」が設けられています。


また、開架書庫には「調査研究報告」や「記念誌その他報告書」「年報・紀要」といった感じで、各種の資料がびっしりと並んでいます。


この「野鳥」というのは、日本野鳥の会の会報誌か何かでしょうか。


開架書庫なので、本は自由に手に取ることができるのですが、


ということだそうです。はい、当たり前のマナーですよね。

みんな知ってる「希少鳥類」

「春国岱で見られる希少鳥類」として、「タンチョウ」「コウノトリ」「オオワシ」「オジロワシ」「マガン」「ヒシクイ」「コクガン」「クマゲラ」といった種が紹介されています。


どれも良く聞く名前ですが(特に上の四つ)、なるほど、「希少」扱いなんですねぇ。

ハマニンニク?

続いては「春国岱で見られるさまざまな自然環境」として……


「針葉樹林」「落葉広葉樹林」「針広混交林」「ハマニンニク群落」「ハマナス群落」「海岸葦原」「湿原」「干潟と塩湿地」「沼地」が紹介されています。「ハマニンニク」というのは「ギョウジャニンニク」の親戚のようなもの……でしょうか?

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事