2014年9月10日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第82回「駐車場は正しく使いましょう」

 


キムアネップ岬

常呂郡は佐呂間町にある「キムアネップ岬」にやってきました。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

サロマ湖自体が巨大な砂嘴で仕切られた汽水湖ですが、キムアネップ岬も小振りな砂嘴の岬といった感じです。どことなく野付半島にも似た雰囲気が漂います。


どっちが海なのかわからなくなりますが、左側が「アネップナイ川」とその河口部に広がる湿地帯で、右がサロマ湖です。あ、どっちも海じゃないや(汗)。

屋根じゃなかった

字が潰れて見えないと思いますが、「遊漁船」の基地?のようです。巨大なソーラーパネルが目を惹きますね。



キャンプ場へ

少し進んだところで、道が二手に分かれています。


右に行くと「キャンプ場」、左に行くと「サンゴ草観察路」とあります。どうやら「岬」は右側っぽい雰囲気なので、まずはキャンプ場に向かいましょうか。


案内板の表示通り、150 m ほど進んだところに駐車場がありました。


……(汗)。まぁ、連休の初日ですし、それにようやく冬が終わってこれから春になろうかという時期ですから、こんなもんですかね……。

駐車場の出っ張り

ちなみに、駐車場の枠線の位置にはこのような出っ張りが。


一瞬「車止めかな?」と思ったのですが、この出っ張りは枠線の位置にあるので、これだと車止めの用を為しません。これは……暴走行為防止用、なのでしょうね。

時期にもよるのでしょうが、この日のように車が一台も停まっていない日もあるので、もしかしたらドーナツターンの練習を試みるような輩がいたのかも知れません。しかし、この出っ張りのおかげか、アスファルトに妙なタイヤ痕はありませんでした。

駐車場は正しく使いましょう

駐車場はあくまで駐車場です。危険走行などの目的外の使い方は厳に慎むべきですよね。なぁんてことを思いながら車を停めました。


どう見ても枠線の中に入れようとした形跡がありませんが……(汗)。これだけ空いているのだから、問題無いですよねっ?(ダブルスタンダードの疑いが)。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク