2016年8月30日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (41) 「意外な娯楽施設が」

 


道道 39 号線「奥尻島線」を南下して、「うにまる公園」の麓にある「赤石岬」にやってきました。岬の南側が赤石の集落です。


左側が「赤石岬」なのですが、道路はザクっと掘割にしてショートカットしています。


赤石川の手前を右折して山手に向かうと、なんとパチンコ屋があるんですよね。赤石の集落は決して「島内最大」というレベルでは無いので、ちょっと驚きです。


コンビニは無いけどパチンコ屋はある、という島が某所にありましたが(奥尻には両方あります)、物流のことをあまり考えなくて良い分、コンビニよりも出店は容易なのかもしれません。

二車線道路と防波堤

赤石の集落を過ぎると、山が海岸までせり出しているような地形になります。斜面をコンクリートで固めているところもありますね。


快適な 2 車線道路が続くのですが、左はすぐ海で、防波堤と思しきコンクリが続きます。奥尻は 1993 年の「北海道南西沖地震」の津波で大きな被害を受けたので、防潮・防波には力が入っているんですよね。



恩顧歌

奥尻島松江にやってきた……と思ったのですが、地図で位置を確かめた所、「恩顧歌」の南の「小倉川」を渡る所でした。ここから松江の集落までは、まだ 5.6 km ほどの距離があります。


この先「走行注意!」らしいのですが……


なるほど、工事中なのですね。


ただ、工事以前にセンターラインが無くなってしまったのですが……。どうやらこの先は山手にバイパスを建設する計画があるらしく、現道の整備は必要最小限に留めているような感じでした。津波も怖いですが、つい最近も崖崩れで通行止めになったりしていたので、抜本的な改良を行うつもりのようですね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク