2017年6月19日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

江差線日帰りの旅「神明 15:15」

 


木古内発江差行きの 4174D は吉堀トンネルを抜けて、日本海側に入りました!


江差線は、天の川沿いをゆっくりと下ってゆきます。



神明 15:15

吉堀を出発してから 20 分と少しで、次の神明に到着です。ウッドデッキに木製の駅舎、なかなかいい感じですね。


駅前は車が入れるようになっている……と思ったのですが、航空写真などで確かめてみると、もしかしたら私道なのかもしれませんね。


駅の南側には、こちらのお宅と、あともう一軒西側に建物があるようです。


「踏切」という警告灯のようなものが見えますが、駅の東側にあるこの踏切のことかなぁ、と思います。


そういや、恒例のアレを書いていないことを思い出しました。江差線の前身である「上磯線」が木古内から湯ノ岱まで延伸されたのが 1935 年のことですが、神明駅が開設されたのは 1957 年 1 月 25 日のことでした。

神明と次の湯ノ岱の間は 2.8 km しかありませんが、ちょうど蒸気機関車の牽引する客車からディーゼルカーへの置き換えが進んでいた時期だったようで、(蒸気機関車と比べると)加減速にすぐれるディーゼルカーの導入によって実現した開駅だったのかなぁ、と思ったりします。

神明付近 15:18

神明を出発して、次の湯ノ岱に向かいます。車窓左側には天ノ川が滔々と流れる様を見ることができました。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク