2010年5月30日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道央・道北の旅 2010 (21) 「1 回座ると 3 年長生き、2 回座るとまた来られる……」

 


オヒョウの木

そういえば、「オヒョウ」の話をした時に、「この敷地内にも一本だけオヒョウの木があった筈だから、見ていくと良いですよ」と教えてもらいました。

周りを眺めてみると、確かに一本だけ雰囲気の違う木が見つかりました。もしかしたらこれがオヒョウかも知れません。


ちなみにこちらは白樺……ですよね?(違うかな?)



「長寿の長いす」の仕様が気になる

さてさて。復元家屋に混じって「コㇿポックㇽの家」のような稚気溢れる「遊び」を用意していた萱野さん。こちらもそういった「遊び」でしょうか。


長寿の長いす」とありまして、「1 回座ると 3 年長生き、2 回座るとまた来られる……」とあります。かくいう私も、1 回座ってみましたが……つい「また来られる」の誘惑に負けて(←)2 回座ってしまいました。「また来られる代わりに 3 年長生きはなかったことに」という仕様だったらちょっとイヤだなぁ、などと考えながら……。

ということで、私はまた二風谷に行けそうです。Leapfrog に I shall return. です(←

こっちは町立です

さて、ようやく「萱野茂二風谷アイヌ資料館」を離れ、国道の向い側の「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」に向かいます。


大型連休の二日目ですが、駐車場はご覧の通り、閑散とした状態です。むしろ、学校の体験学習?とかのニーズが多いのかも知れませんね。


とても立派な……あれ、何と言うんでしたっけ、これ。表札でも無ければ礎石でも無いわけで……。


とても立派な建物です。もちろん「ここまで来るのに 10 万円」などといったチラシは貼ってありません。


入り口の扉もアイヌ文様です。「萱野茂二風谷アイヌ資料館」とはノリが全く違うところが面白い限りですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事